収入証明が取れない専業主婦はどうすればよい?

総量規制では借入制限や収入証明の提出など、消費者金融でお金を借りるにはいろいろな規制がかかるようになりました。

 

消費者金融でのキャッシングは総量規制で、年収の3分の1以内と制限されるようになったので、それまで一番多い利用者と言われていた主婦ですが、総量規制の完全施行から、無収入の専業主婦は消費者金融でのキャッシングは難しくなっています

 

消費者金融が難しくなった理由

キャッシングは、消費者金融や信販会社、銀行カードローンなどで申込ができますが、総量規制の制限より、ノンバンク(消費者金融や信販会社)で借入をする時は、年収の3分の1以内という制限があるので、収入がなければ原則申込できなくなりました。

 

同じ主婦でも、パートやアルバイトなどで収入を得ている兼業主婦なら、消費者金融でも銀行カードローンでも問題なく申込ができます。しかし、無職の専業主婦は、収入がないため原則、本人名義で消費者金融への申込はできなくなりました。ただ、総量規制には「配偶者貸付」という例外貸付があります。

 

「配偶者貸付」は配偶者の同意を得て、配偶者とあわせた収入の3分の1まで貸出しをしてもよいという事になっています。

 

しかし「配偶者貸付制度」という制度はあるのですが、大手消費者金融では、調査や審査に時間がかかってしまい、採算が取れないことからこの申込を中止、または廃止にしているところが多く、主婦の申込条件に「本人に収入が有る事」としているので、実際は利用できないという状況になっています。

 

専業主婦は銀行カードローンがおすすめ

このような状況になっているので、無理に消費者金融へ申込む必要はありません。銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンなので、審査に通れば無収入の専業主婦でも利用できますし、銀行カードローンの中には専業主婦専用の商品を用意しているカードローンが有ります。

 

無収入の専業主婦は銀行カードローンなら安心してお金が借りられます。とはいえどこの銀行でも行っているわけではありません。

 

おもな専業主婦専用のカードローン

カードローン名 金利(年) 融資限度額 毎月返済額
イオン銀行カードローン 13.8% 50万円まで 3,000円~
楽天銀行カードローン 14.5% 50万円まで 2,000円~
ソニー銀行カードローン 13.8% 50万円まで 2,000円~
みずほ銀行カードローン 14.0% 30万円まで 10,000円~
三菱東京UFJ銀行カードローン 14.6% 30万円まで 2,000円~

になります。

 


銀行カードローンは100万円~300万円までなら収入証明不要のところが多く、収入は申告制となっているので、本人名義で申込が出来ますし、配偶者の同意を得る必要もありません。

 

消費者金融であれば借入するのが難しいですが、銀行カードローンであれば専業主婦でも意外と簡単に申込ができます。

 

しかし、専業主婦自体に収入がありませんのであまり高い金額は期待できません。ほとんどのカードローンが、30万円~50万円以内となっていますが、生活費の一時立て替え程度のお金なら十分な金額だと思います。

 

配偶者の信用情報に影響はない?

専業主婦が申込をする場合、配偶者の収入を基に審査されるので、本人だけではなく、配偶者の信用情報にも借入が記録されないかと心配になるかもしれませんが、心配する必要ありません。

 

あくまで契約者の信用情報のみ記録されるので、将来的に配偶者名義で申込む住宅ローンの審査や車のローン審査に影響することはまったくありません。

 

しかし、消費者金融の「配偶者貸付」を利用した場合は、配偶者の信用情報にも借入が記録されます。「配偶者貸付」を行っている消費者金融は少ないですが、申込を考えている主婦は注意が必要です。

 

専業主婦の在籍確認

 

カードローンの審査で在籍確認が行われますが、専業主婦の場合はどうなのでしょう。もし、配偶者の勤務先に電話をされて、借入がバレてしまったら、離婚などと最悪の事態にもなりかねません。

 

基本的に配偶者の勤務先へ在籍確認は行われませんので心配する必要はありません。

 

審査は一般カードローンと同じ

専業主婦専用のカードローンだからと言って、審査がなかったり、金利が低かったりと言うような特別な事はありません。審査は一般カードローンと同じように行われます。

 

  • 他社借入(クレジットカードも含む)などの返済で遅延を起こした事が有る。
  • 一度に何社へも申込をしている。
  • 債務整理をした事がある。

と言う場合は、申込をしても審査に通る可能性が少ないです。

 

審査に通らない理由で最も多いのが、申込書の記入ミスや記入漏れです。連絡先などで記入漏れが有ると、いつまで待っても審査結果の連絡が入ってこない事や、担当者の方は「連絡が取れない」という事で審査に落とされてしまいます。

 

また記入ミスがあると、誤魔化したわけではないのに、担当者から「嘘の記載をしている」と取られてしまう事もあります。そういった事を避ける為にも、記入内容を再度確認してから送信ボタンを押す事が重要です。